フランス歌曲研究会について

フランス歌曲研究会は、故 古澤淑子女史の呼びかけにより1953年に結成され、60周年を迎えました。
関西を中心に活動しており、毎年演奏会の主催をはじめ、E.セリグ、D.ボールドウィン、T.ラヴァサール、奈良ゆみ各氏の諸演奏家による公開および個人レッスン、また、毎月の勉強会(講師を招いて詩の朗読と解釈)等実施しています。
その他フランス音楽に有意義な出版物やCDの発売にも協力しています。

古澤女史について

logo
現在準備中です

毎月の勉強会について

logo
フランス歌曲をより興味深く研究する為に、当研究会ではオリヴィエ・ジャメ先生と寺迫正廣先生を講師としてお招きし勉強会を行っています。主に、発音・フランスのエスプリ・文法・和訳・歴史などを学んでいます。

会員でなくとも、ご希望の方はどなたでも参加していただけます。詳しくは勉強会についてをご覧ください。

コンサートについて

logo
フランス歌曲研究会の最も重要なイベントで、毎回テーマを決めて年に1〜2回開 催しています。会員の研究成果に留まらず、お客様に楽しんでいただける企画でお届けしています。
これまでの演奏会では、それぞれテーマを掲げ、時代背景、作曲家や詩人などにフォーカスしてきました。
ソロ演奏のみならず、楽器とのアンサンブルの他、仏文学専門の先生をお招きし、レクチャーコンサートを開催しています。

Information

■次回勉強会のお知らせ!

お知らせへ

フラ研公式Facebookができました!

勉強会の様子や最新情報をいち早くお届けします。

フラ研公式Facebookはこちら

Facebook